みりかの日記

日常ほのぼの系日記。になってるはず。

曲のよくある終わり方

まず始めに私はフジファブリックというバンドが好きです。

 

その中でも今日は、「曲のよくある終わり方なのに、、なんだこれ、、強烈」と思ったものについて書きたいと思います。 

 

今回のブログのタイトルである「曲のよくある終わり方」とは何かという説明からすると、、、

 

歌も演奏もピタッと止まる。

 

というとてもシンプルなものです、、汗

 

私がその様な曲を想像すると、勢いのまま終わると言ったような、「キレのあるスパッとかっこいい曲」を思い浮かべます。

 

皆さんはどうでしょうか、、私の例えに表現力がないですね、、、笑

 

そして私が紹介するのがまさにフジファブリックで、インディーズ時代の曲の「花屋の娘」です。

 

この曲は、電車の中でたまたま見かけた花屋さんで働く女の子と、自分との恋愛を妄想していく、、というとても変わった内容の歌詞です。

この歌詞についての面白さも沢山あるのですが、ミステリアスさや、不気味さ、ユーモラスな雰囲気が音で表現されています。

 

そしてこの曲は、「暇つぶしに駅前の花屋さんの娘にちょっと恋をした」の歌詞とその歌詞を強調する様にピタッと曲が終わります。

 

それは本当に、あっさりした終わり方なんですが、、じわじわと、「あれ、え、この人に何があったんだ」と不安になるくらい強烈な余韻を持たせてくれます。

 

この曲の他にも私が衝撃を受けた曲が沢山あります。

 

しかもこの曲をたまたま聴いていたからではなくて、何故か深夜の寝る前に突然思い出して書いています。

 

これがフジファブリックか、、、

 

ファンでした。