読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みりかの日記

日常ほのぼの系日記。になってるはず。

姉弟

 

4日ほど前から風邪をこじらせている私は、ついに高熱を出した。

 

風邪薬を飲むとすぐに熱は下がったが、その時、弟から「マンガ(タイトル)の出版社をみて」というメッセージが届いた。私はすぐベッドから起き上がり、続きが出ているのだろうと考えつつ、弟の言っていた本を探し、「角川」と短く返事を返した。そしてまた寝た。

 

しばらく経つとまた弟から「家にたこ焼きの粉ある?」と、今度は母親の様なメッセージが届いた。私はまた重い体を起こし、今晩はたこ焼きなのかと考えつつ、冷蔵庫の中にある粉を手に取って調べた。そしてすかさず「ない」とだけ返事を返した。

 

そして気づいた。病人に聞くような事ではないという事を。

出版社くらいスマホで調べた方が早いだろう、弟よ。

 

しかし私はなんのためらいもなく、苛立つこともなく、体を起こし弟に言われるがまま動いたのだ。甘い姉である。

 

夕方になると弟は帰宅し、タコとたこ焼きの粉を買って帰って来た。今日の晩御飯はたこ焼きだった。

 

晩御飯の後は弟が買って来たマンガの続編を読み(面白いからと薦められた)、また眠りにつく姉であった。

 

 

体力と免疫

私はこの半年間、全く運動をしていない。

 

そして数日前、ついに実感してしまうのである。

「これはまずい、体が思い通りに動かない。」

 

私の家からバス停までは歩いて8分のところにある。その日の私は油断していた。急いで準備をし、家を出たのは4分前。雨も降っている中全力疾走。

そして気づいてしまったのだ。「これのどこに疾走感があるのか。」ばたばた歩いている方に限りなく近かった。余裕だと思っていた4分をフルに使って走った。

そしてその後さらなる悲劇。バスにやっと乗れた私を襲ったのが足の裏の痛み。まさにそれは筋肉痛であった。数分ばたばた歩く事にすら限界だと、体は語りかけて来た。

 

私は4歳から中学3年生までクラッシックバレエをやってきていたので、体力には自信があった。19の春を迎えた私にはその体力は残っていないようである。自分の体力のなさに衝撃を受けた。

 

そしてその日、私は風邪をひいた。

数週間前に高熱を出したばかりだった。

体力の低下に加え、免疫力まで低下していた。体力がない私には免疫力もないようだ。

 

運動しよう。

と、漠然と考えてはいるが今の私にはどの運動もハードルが高い。

せめてウォーキングでも始めようと思う今日この頃である。

日常を切りとる

最近毎日ブログを更新してる。

と、とある人から報告されたので、私もその人を見習って日常のちょっとした事を載せようと思います。

 

今日は土曜日、駅から出る夜のバスに乗るとカップルの別れ際に遭遇します。

 

 

彼女はバスに乗り、席につくと、少し離れたところで見送ろうとしていた彼氏を指で呼びます。

 

彼女は窓をとんとんと叩き、指で「スキ♡」と書きます。

彼女は恥ずかしそうに揺れ、手で顔を覆います。

 

バスはゆっくり動き出し、彼女はもう一度窓に「♡」を書きました。

 

そしてその様子を二つ後ろの席でぼーっと見る私。平和だなあ。

 

みんな幸せならいいのに、と、たまに壮大な事を考える自分の心に出会います。まさにラブ&ピース。

 

彼女には彼氏がいて彼氏には彼女がいます。これだけでいいじゃないですか。

 

本当にそうなればいいのにな。

 

浮気や不倫で傷つく人がいない世の中になればいいのにな。

 

私が最後の乗客。もうすぐ家につく。

街で目を引く人

服装が派手ではないのに個性があって目立ち、メイクも凝ってるように見えないのに華やかな人を街に出るとたまに見かけます。1日に3人か4人、そんな目を引く女性がいます。

では、どうすればこのような女性になれるのか、、、、。

すれ違う人をガン見することはなかなか難しいので、私なりに考えてみます。

 

1 髪

やっぱり艶のある綺麗な髪は目を引きますよね。その人に似合った髪色、髪型、、、自分の理想の髪型に出会えてる人はきっと素敵だと思います。

 

2 肌

ぱっと明るい顔になるには、肌が綺麗なのではないかと思います。肌の色を華やかに見せるためには、産毛を剃ったり角質を落としたりすることも大切みたいですね。自分の肌にあったベースメイクについて知っている人は垢抜けた顔に見えるのだと思います。

 

3 服

服は趣味が様々あるので、難しいですね、、、

色を二色や三色と少なくまとめることや、流行りのものを個性の中にも取り入れている人はおしゃれに見えるのだと思います。

 

やはりこの題はまとめ切ることは難しいですね。確信ずく答えがないように思いました。途方も無いことを考えていたようです。

 

それぞれの好みがその人にぴったりはまる時、目を引くような人になれるのかなと思います。

 

何かに憧れることはすごくエネルギーがあっていいですね!!!あー、何言ってるんだろう!ごめんなさい!!!!!!おやすみなさい

曲のよくある終わり方

まず始めに私はフジファブリックというバンドが好きです。

 

その中でも今日は、「曲のよくある終わり方なのに、、なんだこれ、、強烈」と思ったものについて書きたいと思います。 

 

今回のブログのタイトルである「曲のよくある終わり方」とは何かという説明からすると、、、

 

歌も演奏もピタッと止まる。

 

というとてもシンプルなものです、、汗

 

私がその様な曲を想像すると、勢いのまま終わると言ったような、「キレのあるスパッとかっこいい曲」を思い浮かべます。

 

皆さんはどうでしょうか、、私の例えに表現力がないですね、、、笑

 

そして私が紹介するのがまさにフジファブリックで、インディーズ時代の曲の「花屋の娘」です。

 

この曲は、電車の中でたまたま見かけた花屋さんで働く女の子と、自分との恋愛を妄想していく、、というとても変わった内容の歌詞です。

この歌詞についての面白さも沢山あるのですが、ミステリアスさや、不気味さ、ユーモラスな雰囲気が音で表現されています。

 

そしてこの曲は、「暇つぶしに駅前の花屋さんの娘にちょっと恋をした」の歌詞とその歌詞を強調する様にピタッと曲が終わります。

 

それは本当に、あっさりした終わり方なんですが、、じわじわと、「あれ、え、この人に何があったんだ」と不安になるくらい強烈な余韻を持たせてくれます。

 

この曲の他にも私が衝撃を受けた曲が沢山あります。

 

しかもこの曲をたまたま聴いていたからではなくて、何故か深夜の寝る前に突然思い出して書いています。

 

これがフジファブリックか、、、

 

ファンでした。

 

 

 

 

 

 

幸、不幸

幸があれば不幸があり

不幸があれば幸がある

 

生きていればどちらもある。

幸せを実感するのは不幸になってからだし、不幸を乗り越えたら幸せがある。

 

もう二度と悲しい思いはしなくないと思っていても、悲しいことは起こる。

 

だからと言って幸と不幸は5:5の割合で起こる訳ではないし、努力を怠れば幸せの割合は増えない。

 

幸か不幸か、割合で考えることはナンセンスだと思う。そうであってほしい。

 

平凡な毎日の中にたまに凹む日があると言うような、、そんなありきたりな幸せな生活を送りたい。

 

例えば、

仕事を失うこともなく、大きな病気にもかからず、大切な人を失うこともない、、、生活。

 

この3つは耐え難いことだと思う。でも沢山の誰かがこの状況の中にいる。私はそのことを忘れてはいけないと思うし、自分もそれを乗り越える力を身につけるため、努力をする必要があると思う。

 

幸せになるための努力。

 

怠けていたら自分は不幸になってしまうんじゃないか。そんなことを考えていた時、大切な人を失ってしまった。だから私は不安なのかもしれない。

 

もう二度と失わないように、、、自分は不幸だと思ってしまうことが起きないように、、、。こんなことを願ってしまう。少し虚しい。

 

平凡で退屈な毎日でも、これからの自分は幸せに思えると。そんな力を身につける、、、のかな。

 

自分を幸せに思う力と聞こえてきたけど、これはさすがに違う。

 

一番は、幸か不幸か考えないこと。

それが自然だし、ふっと気が抜けるような優しい世界だと思う。

 

 

 

頑固で完璧主義

女は自分の気持ちを分かって欲しいから話す。

男はそれが正しいか間違っているか、何をするべきか、論理的に考える。

 

このずれは認識できれば無くせるはずなのに、いつまでも付きまとう。

 

女はただ慰めて欲しいだけなのに、どうして"そう"(アドバイス通りに)しないのかと言われ、更に苦しむことになる。

男は話を聞いて正しいことを言っているのに、なぜ反発されるのかと苛立つ。

 

気持ちを分かって欲しいときは、

「ーこういうことがあって、ーなんだけど、私の気持ち分かって(慰めて)欲しいです」

と前置きすると上手くいくかもしれない。

 

お互いが気分の悪い思いをする前に、何かして欲しいことは先にお願いするといいのかもしれない。

 

、、、自分に試しがないからわからないけれど、、、

 

喧嘩するつもりがなくて始まる喧嘩なら同じことが起きないように努力する。

仲直りできるといいですね。